債務整理にかかる費用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

債務整理にかかるお金ってどれくらいでしょうか。想像よりかかると思います。弁護士に払わなければならないお金として着手金、報酬金(解決報酬金、減額報酬金、過払金報酬金)、諸費用があります。基本的に弁護士は依頼者と自由に報酬を決めていいことになっています。お金持ちが優秀な弁護士を高い費用で雇うなんてよくあります。しかし、債務整理については別の取り決めがあります。お金で苦しんでいる依頼者をさらに報酬で苦しめてどうするという話です。ただし、この取り決めがあるのは、3つの手続のうち任意整理だけです。

着手金は自由に決められます。おおよその相場は、債権者1つにつき約1~5万円です。かなりの差がありますが相手にする債権者の多寡により変動するのです。一社のみという場合は約5万円が相場でしょう。報酬金には制限がかけられています。任意整理が成功した場合に払う解決報酬金は、基本的に1社につき2万円以下です。商工ローンが相手の場合は、1社5万円以下です。減額報酬金とは減額に成功した場合に発生する報酬で減額分の10%以下と決められています。例えば、100万円の減額に成功した場合の報酬の上限は10万円です。過払金報酬金は、過払金を取り戻した額に応じた報酬で、訴訟による場合とそうでない場合があります。訴訟による場合は回収額の25%以下で、訴訟によらない場合は20%以下です。

いかがでしょうか。結構かかります。個人再生、自己破産も何十万円という単位です。ケースの規模・複雑さ次第で報酬が大分変わります。ただ、弁護士も依頼人にお金がないのは分かっていますので確実に分割払いに応じてくれます。