債務整理にかかる期間

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

では、債務整理にかかる期間はどれくらいでしょうか。これも手続によって異なります。例えば、任意整理の流れはこうです。まず、弁護士が金融業者に受任通知をします。この通知には債権者の督促を止める効果があります。次に弁護士は金融業者に取引履歴の開示を請求します。取引履歴には金融業者と債務者の金銭消費貸借の全やりとりが記載されています。金融業者には取引履歴を提出する義務があります。この取引履歴をもとに弁護士は引き直し計算をします。引き直し計算とは、いわゆるグレーゾーン金利で違法な利息を取得していた金融業者にその利息を債務者に返還させるために、違法な利息の額を導き出すことです。そのあと利息・遅延損害金の免除を求めたり返済計画について検討したりする金融業者と弁護士の和解交渉がはじまります。和解交渉が終了したところで新たな契約書が作成されて任意整理自体は終了です。あとは新たな契約に従って返済していくことになります。

任意整理の終了まで順調にいけば約3か月くらいです。和解交渉が長引けば半年くらいになる場合もあります。個人再生は全債権者を相手にするためもっと長いです。大体半年から1年くらいになります。自己破産は、債務者に見るべき財産がないため破産開始手続決定と同時に破産手続を終了する同時廃止の場合では、約3か月から半年、破産管財人を選任する管財事件では約半年から1年になります。